東京都多摩市永山の地域情報サイト多摩・永山タウン

市長コラム~多摩の風~ 51


健幸まちづくりへの一歩

先日、開催した「健幸まちづくりフォーラム」で、辻哲夫東京大学高齢社会総合研究機構特任教授は、健康には、「食」「運動」そして「社会参加」がキーになると話されました。

また、先月にはスマートウエルネスシティ首長研究会が茨城県取手市で開催され、全国からを超える自30治体首長らが参加し、食・運動・社会参加などさまざまな要素の成果や課題について、幅広い視点で活発な情報提供・意見交換が行われました。

「大学のゼミのようですね」とは、スマートウエルネスシティ首長研究会に初参加の、わが多摩市の「健幸まちづくり政策監」の安里賀奈子さんが、各市が切磋琢磨する様子を捉えて発した一言。

安里さんには、4月1日に厚生労働省の課長補佐から多摩市へ華麗なる転身を遂げていただきました。3人のお子さんがいる方で、保育園や学童を活用し多摩市役所へ。庁内に新風を吹き込み、超高齢化と少子化など地域の実態を把握し国の政策に生かしていただきたいと考えています。健康長寿な多摩のまちを実現したいと、熱い情熱をみなぎらせている方です。

健康無関心層へのアプローチ、多摩市版地域包括ケアなど、市民の皆さんと共に取り組んでいきます。健幸長寿なまちを目指し、まずは「一歩」です。

多摩市長阿部裕行



PAGE TOP